MENU

ラクトフェリンと乳酸菌の摂取方法

ラクトフェリンと乳酸菌は腸内環境を整えるために摂取したいですが、実はとてもデリケートな成分です。そのため、摂取方法を間違えてしまうとせっかく摂取したラクトフェリンと乳酸菌が台無しになってしまいます。

 

では、どのようにラクトフェリンと乳酸菌を摂取するといいでしょうか。摂取方法についてご紹介します。

 

ラクトフェリンと乳酸菌は酸に弱い

ラクトフェリンと乳酸菌は、胃酸に弱い性質があります。そのため、摂取しても胃酸でダメージを受けてしまうと腸まで届いてくれません。ラクトフェリンと乳酸菌は腸まで届いてやっと働き始める成分なので、胃酸でほとんどのラクトフェリンと乳酸菌がダメージを受けてしまっては意味がなくなってしまいます。

 

胃酸が弱いときに摂取しよう

胃酸は食べた物を消化するために必要で、食事をした後は特にたくさん胃酸が出ている状態です。そのため、ラクトフェリンや乳酸菌を食事と一緒に摂取してしまうと、胃酸のダメージを受けやすくなります。そのため、胃酸ができるだけ出ていないときを狙って摂取したほうが腸まで届きやすいでしょう。

 

サプリメントでの摂取がおすすめ

食品からラクトフェリンや乳酸菌を摂取するのもいいのですが、摂取しようと頑張りすぎて食事量が増えすぎてしまうと肥満に繋がってしまいますし、毎日意識するのは大変です。そこで、おすすめしたいのがサプリメントです。サプリメントなら毎日決まった量を必ず摂取できます。また、食事から摂取しようと意識しなくていいので、毎日楽だと思います。外出先でも飲めるのが便利です。

 

サプリメントはラクトフェリンや乳酸菌が胃酸で弱い性質を補うために、胃酸でやられてしまわないよう、ちゃんと腸まで届くような工夫がされています。特殊なカプセルなどをそれぞれのメーカーが研究して開発し、腸に届くまで溶けないようになっているので、ラクトフェリンと乳酸菌の良い成分をしっかりと体内に取り込むことができるでしょう。

 

最近はサプリメントも増えているため、多くのメーカーから発売されています。ラクトフェリンや乳酸菌がより効率よく体内で働くように、他の成分も同時に配合したサプリメントも増えました。金額も比較的抑えられているので、毎日食事から摂取するよりもお手軽で経済的にも楽だと思います。まずは自分がいいと思うサプリメントを探して、飲み続けてみましょう。最低でも3ヶ月ぐらい続けてみて、自分に合うかどうかを判断してください。