MENU

ラクトフェリンの特徴

腸内環境を整えるために、いいとされている成分がラクトフェリンです。美容にも健康にも期待されていることから、ラクトフェリンは最近注目されるようになってきました。では、ラクトフェリンにはどのような性質があるでしょうか。ラクトフェリンの特徴をご紹介します。

 

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは、たんぱく質の一つです。母乳に多く含まれており、赤ちゃんは母乳を飲んで育つことでラクトフェリンをたくさん摂取できます。そして免疫力もついて体を守ってくれるので、元気にすくすくと育つでしょう。母乳ではなく粉ミルクで育てる場合も、ラクトフェリンを配合しているものを選択することで、赤ちゃんの免疫力を高めてくれる、といわれています。

 

赤ちゃんだけではなく、最近は大人にもラクトフェリンが人気です。特に女性に人気が高いのですが、その理由は腸の働きを整える効果が期待できるからです。便秘や下痢など腸の悩みを抱えている人にもおすすめできます。

 

ラクトフェリンは腸に届くと、悪い菌が元気になるのを抑えてくれ、さらに良い菌が増えるようにサポートしてくれます。ラクトフェリンは悪玉菌から鉄分を奪って、悪玉菌が活発に活動できないようにするのです。

 

ラクトフェリンは腸まで届きにくい?

ラクトフェリンは、腸まで届いて初めて吸収される成分です。そのため、腸まで届かないラクトフェリンはどれだけ摂取しても効果を発揮しません。

 

でも、ラクトフェリンは腸内に届けるのが難しい成分ともいわれています。それはラクトフェリンが熱と酸に弱いからです。腸に届くまで、人間の体の中は熱と酸の刺激が強いです。大半が胃酸でダメージを受けて、実際に腸まで届くラクトフェリンはごくわずかなのです。

 

そのため、加工の段階で加熱処理されている乳製品にはほとんど含まれていません。食べても胃酸によってダメージを受けてしまうので、ラクトフェリンをせっかく摂取してもあまり意味がない、ということです。

 

腸溶性ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは胃酸で多くがダメージを受けてしまうので、工夫して摂取する必要があります。ラクトフェリンを選ぶときに、腸溶性ラクトフェリンと呼ばれるものを選びましょう。腸まで届きやすく胃酸でダメージを受けないように作られているので、しっかりと腸まで届いて腸で溶けてくれます。
本来のラクトフェリンとしての力を発揮してくれるので、腸内環境も整えることができるでしょう。