MENU

乳酸菌の特徴

乳酸菌はとても身近なもので、よく聞く言葉だと思います。乳酸菌は身体にいい…ということは多くの人が知っているのですが、どのように乳酸菌が働きかけてくれるか、知っているでしょうか?最近は乳酸菌のパワーが知られるようになって様々な乳製品が販売されるようになりました。しかし、その分種類も増えて、どの乳酸菌を選んだらいいのかわからない…と感じていませんか?

 

乳酸菌とはいったいどんな役割があるのか、特徴もあわせてご紹介します。

 

乳酸菌ってどんなもの?

乳酸菌という名前や、乳酸菌が身体にいいと知っている人は多いですが、実際にどんな働きをしてくれるのか、知っていますか?乳酸菌は、乳製品に多く含まれています。ヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料などです。乳酸菌は食品の発酵を促してくれる最近で、実は漬物の糠漬けなどにも含まれているのです。食品のうまみをアップさせ、栄養も高めるという働きがあるので、乳酸菌は食品の発酵にも多く使われています。

 

特に乳酸菌が注目されているのは、やはり腸内環境の改善です。腸の中で善玉菌として働いてくれるので、摂取すると腸内環境を整えてくれるでしょう。善玉菌が増えれば悪玉菌が働きにくい腸になるので、悪玉菌が優位となっている腸にも、乳酸菌で善玉菌を増やすことができます。

 

複数の乳酸菌を摂取しよう

乳酸菌はいろいろな種類があるので、どれかを選んで摂取するというよりは、できるだけ複数の乳酸菌を摂取するのが好ましいです。無理にたくさん摂取する必要はありませんが、複数の乳酸菌を摂取すると、相乗効果が期待できるでしょう。そのため、腸内環境も改善しやすく、腸のぜん動運動が活発になって便秘の解消にも役立ってくれます。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料、さらにはチーズなど…様々な食品を摂取することで複数の乳酸菌が摂取できると思います。

 

乳酸菌は酸に弱い

乳酸菌を腸まで届けるために、難関となるのが胃酸です。胃酸でダメージを受けて腸まで届かないこともあり、せっかくたくさんの乳酸菌を摂取しても意味がなくなってしまいます。そのため、食後で胃酸の活動が活発なときは乳酸菌の摂取を避け、できるだけ空腹のときに乳酸菌を摂取するようにしましょう。

 

寝る前に摂取してもいいですが、乳酸菌を含む食品のカロリーも計算しなくてはいけません。たくさん乳酸菌を摂取しすぎてカロリー過多になってしまっては、健康のためとはいえ肥満に繋がってしまいます。カロリー摂取をしすぎないよう気を付けましょう。