MENU

善玉菌と悪玉菌

腸内環境のことを知るために、知っておかなくてはいけないのが善玉菌と悪玉菌です。何となく聞いたことがあるけれど、実際にはあまり良く知らない…なんて人もおおいのではないでしょうか。腸内細菌の状態がいいか悪いか、によって腸内環境の良し悪しは決まります。

 

腸内環境の要となる、善玉菌と悪玉菌の関係について、ご紹介します。

 

腸の中にいる菌って?

人間の腸の中には、どれぐらいの細菌があると思いますか?なんと約100兆個もの細菌が存在しているといわれています。種類として、約100種類ほどもあるのです。人それぞれ腸内に持っている細菌は異なりますが、基本的に数も種類も似ています。

 

腸内細菌としては約100種類ありますが、大きく役割に分けると2つです。それが、善玉菌と悪玉菌です。善玉菌は腸の中でいい働きをしてくれるもの、悪玉菌は腸の中で悪い行いをするもの、と分けられます。善玉菌は有害な菌をやっつけ、体内に不要なものを取り込まないように免疫力を高めます。反対に悪玉菌は、有害物質を作り出してしまい、免疫力を弱めて腸の調子を崩してしまいます。善玉菌は腸内を酸性に、悪玉菌は腸内をアルカリ性にしようと、お互い全く正反対の性質を持っています。

 

善玉菌と悪玉菌は、本来腸内でいいバランスのままいることが理想です。バランスのいいときが一番健康な腸の状態です。悪玉菌は全くない、のではなく、ある程度ある状態がベストとされています。しかし、問題はそのバランスです。善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、一気に腸内環境が悪化します。お腹の不調だけではなく、腸をきっかけに様々な病気を招いてしまうでしょう。

 

善玉菌と悪玉菌以外の菌がある?

大きく分けて善玉菌と悪玉菌の2種類になるとお話ししましたが、実はもう一つ重要な細菌があります。それが日和見菌と呼ばれる菌です。実は善玉菌や悪玉菌よりも、日和見菌が占める割合が多いのです。日和見菌はその時腸内で優勢な方に味方をして、同じような役割をします。そのため、善玉菌が優位の状態でバランスが整っているときはいいのですが、悪玉菌が優位になると、悪玉菌の味方をして悪玉菌と同じ働きをしてしまうのです。

 

そうなると、一気に腸内環境は悪くなります。善玉菌と悪玉菌をいかにいい状態・バランスで保つことができるか、がとても大切になります。

 

善玉菌と悪玉菌の役割を知って、腸内細菌のバランスに気を付けて健康な腸を維持できるよう、毎日の生活を工夫しましょう。