MENU

腸内環境が乱れる理由

美や健康は腸内から、といわれています。腸内環境が悪化すると美容にも健康にも悪い影響を与えますし、腸内環境が整っている人は常に体調が万全な状態で毎日を送ることができます。腸内環境はちょっとしたことで悪化しやすいので、常に意識していい状態を保っておかなくてはいけません。

 

では腸内環境はどうして悪化してしまうのか、腸内環境が乱れる理由をご紹介します。

 

腸内環境が乱れる理由:食生活

日本人は日本食、という時代は終わりました。日本人の食の欧米化が進んでいる、という話は聞いたことありますか?日本人が中心としていた日本食は、常にヘルシーで食物繊維が多い食事でした。そのため、善玉菌が腸内で活発に活動するためにとてもいい食事だったのです。しかし、その食事が変化しています。肉類をよく食べるようになったので、悪玉菌が増えやすい腸内環境になってしまったのです。その結果として、腸内環境の悪化を招いているでしょう。

 

確かに、最近食生活が乱れているな…と感じませんか?偏った生活や脂っこいものばかりを食べていないでしょうか。お腹のハリや下痢や便秘など、自覚する症状はないでしょうか。腸内環境の乱れている状態が長く続くと、様々な病気にもつながってしまいます。

 

腸内環境が乱れる理由:ストレス

腸内環境はストレスによっても変化します。実はとても複雑な神経系があるのです。そのため、腸と神経の関係は深く、精神的に追い詰められたり、強いストレスを感じることがあると腸内環境が乱れてしまいます。仕事が忙しくて自分の時間が持てないとイライラしたり、疲れがたまって寝不足が続く、精神的なストレスを多く抱えている状態が長く続くとなると、注意が必要です。

 

特に下痢や便秘が繰り返される過敏性腸症候群という症状があるのですが、過敏性腸症候群はストレスによって起こるといわれています。ストレスを感じやすい人や悩みを抱え込みやすい人は腸内環境の乱れに気を付けなくてはいけません。

 

腸内環境が乱れる理由:加齢

赤ちゃんのころは、悪玉菌の数がかなり少なく、常にいい状態の腸内を保てているものです。それが成長に伴って悪玉菌と善玉菌がいい状態になっていき、そしてさらに年齢を重ねると、だんだん悪玉菌が増えていってしまうのです。

 

そのため、年齢を重ねてから腸内環境が乱れる人も多いと思います。年齢を重ねて悪玉菌が優位になってしまったら、腸内環境のバランスを整えるよう、意識して生活を送るといいでしょう。